関節

◯股関節

 股関節分野では,特に膝および股関節といった下肢の関節を中心に最新の技術を取り入れた高度な医療を提供しております。内視鏡やコンピュータ技術を応用することで低侵襲でありながら正確な治療が可能となっています。当科の基本方針として,可能な限り自分の骨,軟骨を残して治療をする“関節温存”を目標に治療を行っており,骨切り術や内視鏡手術を積極的に行っています。一方,人工関節手術では,以前より先駆けてナビゲーション手術といった最先端のコンピュータ技術を導入し,より正確な手術が可能となっています。

・骨切り手術
 関節温存手術(自分の骨・関節で直す)として非常に有効な治療法です。当院では,若年者(50〜60歳以下)における寛骨臼形成不全症や大腿骨頭壊死に対して種々の骨切り術を行い,可能な限り自分の骨で直す関節温存を目指して治療を行っております。
RAO 骨頭回転

・人工関節置換術
 変形性股関節症や大腿骨頭壊死の末期の病状に対しては人工股関節置換術による股関節機能再建術が有効です。
 最小侵襲手術:(症例により)可能な限り筋肉を切らない最小侵襲手術を導入し、より早期の術後回復をはかっています。
 ナビゲーション手術:ナビゲーションシステムを先駆けて導入し,最新コンピュータ技術によって非常に精度の高い手術が可能です。
ナビ

・股関節鏡手術
 当院では近年普及しつつある股関節鏡を早期より導入し,これまで原因が解らなかった(診断に至らなかった)股関節疾患に対して,正確な診断のもと低侵襲で検査および治療を行っています。
関節鏡

◯膝関節

ナビゲーションシステムを用いて最先端の人工膝関節置換術を行っています。このシステムを用いることにより正確な人工関節の設置と下肢アライメントの再建が可能となります。ナビゲーションシステムを用いて最先端の人工膝関節置換術を行っています。このシステムを用いることにより正確な人工関節の設置と下肢アライメントの再建が可能となります。