脊椎

我々は、こどもから大人まで多種多彩な疾患に対し、高度な医療を提供しております。教室のメインテーマである腰椎分離症に関しては、早期発見にて早期骨癒合を可能にしております。
また、腰痛の続く場合は、経皮的スクリューを使用し、低侵襲で修復術を行っております。
腰椎椎間板ヘルニアに対しては、局所麻酔で行う経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア(いわゆるPED法)を実践しております。早期社会復帰可能な最少侵襲椎間板手術です。
腰部脊柱管狭窄症も基本的には内視鏡手術を行っておりますが、変形が強い場合は固定術が選択されます。固定術に対しても、経皮的スクリューやcortical bone trajectory法を用い、できる限り背筋に低侵襲に行っております。側弯症、後彎症など姿勢に破綻が来した場合、スクリューやフックを応用し矯正しております。
それ以外にも、転移性悪性腫瘍、脊椎・脊髄腫瘍、圧迫骨折後疼痛に対するBKP法、など、脊椎・脊髄に関するすべての疾患に対し高度な医療を提供しております。