第3回脊椎手術Cadaverトレーニングセミナーの感想その2

第3回脊椎手術Cadaverトレーニングセミナーに参加して

DSCF1275 

 

 

 

 

 

 

徳島大学整形外科 林 二三男

愛媛大学病院で開かれましたCadaverトレーニングセミナーに参加させていただきました。貴重な体験をさせて頂きましたので、報告させて頂きます。

私は卒後10年目の比較的中堅の医師でありますが、脊椎手術に関してはまだまだ経験不足です。日本ではまだcadaver trainingを行っている場所は多くなく、このたび先進的なtraining に参加し、経験できましたことは至上の喜びと感じております。

専用のセンターでインストラクターを含め約30名の医師が2日間かけてtrainingを行いました。脊椎手術は除圧と固定が主であり、除圧を行い普段では触ることができない脊髄神経、血管を実際に触れることができました。また固定術ではスクリューを主に使用しますが、実際に骨に刺入することによりその手応え、固定性を実感することができ、骨粗鬆症のある方でも十分な固定が得られることが実感できました。また最新の術式を確認することもできました。

Cadaver セミナーは四国4大学の連携で行っており、多施設連携で一つのことが可能になるのは本当に素晴らしいことだと考えております。今後とも連携をとり、患者様に成果を還元したいと考えております。

最後に、その身を捧げ献体となられました方、またそのご家族の方々に、心から感謝を申し上げます。

«« お知らせ一覧