【ニュース】西良浩一先生のクラウドファンディングプロジェクトが開始されました。

クラウドファンディングサイトOTSUCLE[おつくる]にて西良浩一先生のプロジェクト

【この技術を全国に!高齢者にも負担の少ない、8 mm1内視鏡による腰痛治療。】が、開始されました。

大学クラウドファンディングサイト Otsucle_おつくる_

 

本プロジェクトの取り組み

局所麻酔による内視鏡を使った脊柱管狭窄症の治療の手術を今後さらに発展させ多くの患者の方々を助けていくために、次のような取組みを行っていきたいと考えております。

①本手術法の普及、一般化

局所麻酔による内視鏡を使った脊柱管狭窄症の治療の手術は日本で私のみが行っております。
この手術法を全国・世界の多くの大学病院医師に広めて行きたいと考えております。

具体的には
・各地でセミナーを開催する。
・関連学会での発表する
・全国各地からFELLOW(研修者)を受け入れ、実地に指導する。(すでに10大学以上から来られています)
などを考えています。

②体に負担の少ない手術用内視鏡の開発

現在、腰痛治療の手術に用いられている内視鏡はドリルの耐久性が低いため、何度も使用することができません。
また精密な装置で非常に高価なものであります。
これを解決するために、ドリルの耐久性を上げ、患者様の体に負担が少なくなるよう更に小型化した内視鏡の開発を目指します。

③治療法、手術法を更に発展させるための研究

より症状の重い脊柱管狭窄症患者様にも対応できる低侵襲での内視鏡を活用した固定術(スクリューを骨にねじ込み安定を図る。椎間板内のボルトの間に人工骨の籠(ケージ)を挿入して安定を図る)手術法の開発を目指します。

 

研究支援のお願い

このような取組みや研究をさらに進め、成果を出すためには様々な資金が必要となります。
これらの資金と支援を得るため、クラウドファンディングに挑戦いたします。

ご支援の使途

本プロジェクトへのご支援は、以下の用途で活用させていただきます。
①本手術法の普及、一般化のための活動費用
②体に負担の少ない手術用内視鏡の開発費用
③治療法、手術法を更に発展させるための研究費用

私は、この研究活動を進めることにより、現在手術に踏み切れない腰痛で苦しむ多くの患者様を助けることにつながると信じています。

多くの皆様のご支援をお願いいたします!

 

プロジェクトサイト

https://otsucle.jp/cf/project/ksairyo.html

 

«« お知らせ一覧